スタッフの声

Q. どんな仕事をしているんですか?
ゲームに登場するキャラクターの3Dモデルを作成しています。
プレイヤーキャラクターや敵キャラクター、モブキャラクターなど登場するキャラクターは全て担当しています。
Q. この仕事の道に進んだ理由を教えてください。
専門学校時代に初めて3DCGに触れて、その時に一気に惚れました。
元々立体物を作ることなど、無から何かを作るという創作が好きだったので、3DCGに触れた時に、丁度自分にマッチしたんだと思います。
映像制作を手掛けることも少し考えましたが、なによりユーザーがいて、自分が制作したキャラクターを操作してくれるというところに大きな魅力を感じたので、ゲーム制作の道に進もうと決意しました。
Q. どうしてアクセスゲームズを選んだのですか?
就職活動当時は、ゲーム会社にスポットを当て、いろいろ探していたのですが、その中でもスパイ物やアドベンチャー物の 自社タイトルを作っていて一際目立っていて、おもしろそうだと思ったのが最初です。
Q. 今の開発部について、どのように感じますか?
全体的に、会話の多い会社です。
休み時間は複数人で遊ぶゲームをプレイしたり、もしくは自分のための時間として 少し勉強したりする人もいます。
まじめに取り組む時と、休む時とを明確に分けているので、仕事はしやすい環境 だと思っています。
Q. やりがいを感じるのはどんな時?
自分が作ったキャラがホームページなどで公開され、日の目を見た時ですね。
もちろん、自分が作ったとは言えませんがしっかりと発売されて、プレイヤーの皆さんに 触ってもらって、あーだこーだ言ってもらえると、良くも悪くも楽しんでもらっているので やりがいを感じます。
Q. 仕事で嬉しかったことは?
ゲーム画面にキャラが登場した時です。
ゲーム制作は、3Dモデルのキャラクターを作った後、モーションデザイナーがモーションを作成し、プログラマーが3Dモデルとモーションをゲーム機に表示させて、ようやくゲーム画面で動くことになるので、動いた時はやっぱりうれしいです。
Q. 仕事でこだわっている部分は何ですか?
ポリゴンの流れを綺麗に作ろうといつも、意識して作ってます。
流れが綺麗なモデルは全体的に美しく、修正もしやすいです。
見た目だけでなく、ここにこだわる事でゲーム画面に出した時も綺麗になるので、自分にとっては外せないこだわりですね。
Q. 休日の過ごし方は?
買い物へ行ったり、映画館に行ったり、本屋へ立ち寄ったり...。割と一人でぶらぶらしていることが多いです。
クリエイティブなことが好きな人が多いので月曜は休日に見た映画や書籍の話をしたりしますね。
あとは山間や民家を眺めるのが好きで、月一で実家に帰って友達と遊んでいます。
Q. 好きな社内イベントは何ですか?
花見イベントですね。桜の花を愛でながら、大阪城を背景に酒宴をするスタイルがなんとも風情でのんびりできますね。
Q. 今後の目標をお聞かせください。
今以上により良いものを作って、このキャラかっこいいっていろんな人が 言ってくれるような作品を作りたいです。
Q. アクセスゲームズを志望する人に一言!
有名な作品に携われるのが大きな魅力ではないでしょうか。
版権物だと自身のアイデアなどは提案できないと思われがちですが、版権を利用した別の体験ができる製品を制作していく仕事なので、どんどんと提案することが重要です。
「様々なことに挑戦したい!」「有名な作品に関わってみたい!」という方!
アクセスゲームズへの応募をお待ちしています!