スタッフの声

Q. どんな仕事をしているんですか?
遊技機画面にて表示される映像やUI、ロゴを作成しています。
After Effectsを使用した映像編集からPhotshopを使用したデザインまで、遊技機の映像で使用されるものなら多岐にわたり作成を行っています。
Q. この仕事の道に進んだ理由を教えてください。
学生当時、ゲーム学科だったので3Dを中心に制作を行っていましたが、モデラーとしてでなくデザインも起こしたりと様々なことを挑戦したいと考えていたので遊技機器企画開発部門(以下遊技機器部門)を選びました。
実際に考えていた通り、個人の得意不得意はあるものの、「やってみる?」と様々なことに挑戦させてもらっているので、やりがいを感じています。
Q. どうしてアクセスゲームズを選んだのですか?
アクセスゲームズで開発した「戦国BASARAバトルヒーローズ」が好きだったので、「せっかく入社するならば思い出深いところに!」と履歴書を書いて送りました。
好きすぎて面接の1次、2次...と何度も熱弁したのを覚えています。(笑)
今思うと面接側としては「その話はもういいよ!」と思ってたのではないでしょうか...
Q. 今の開発部について、どのように感じますか?
開発部内の雰囲気としては和気藹々としていると思います。
互いにお勧めの書籍やDVDの貸し借りなどもしていて、休憩時間などはその話で盛り上がっています。
勉強会なども定期的に行っていて、どんどんと新しいことを吸収していける職場だと思います。
Q. やりがいを感じるのはどんな時?
ロゴ作成をしているときですね。
遊技機演出でボーナスに入る際のロゴなどは豪華さが必要とされる部分ですので、難しさも感じますが完成したときの喜びも大きいです。
あとはエレメント3DというAfter Effectsのプラグインを使用しているときでしょうか。
もともと学生時代に3Dソフトを触っていたので立体を読み込んだり動かしたりできるソフトやプラグインを見ると腕がなります。
Q. 仕事で嬉しかったことは?
パチンコのPVやポスターに自身が作成したグラフィックが掲載されたときですね。
PVやポスターというのは言わば製品の顔ですから、それに掲載されるということは自身にとって、とても嬉しいことでした。
しばらくはパチンコ店の前を通るたびにニヤニヤしてました。(笑)
Q. 仕事でこだわっている部分は何ですか?
「質」でしょうか。
前々から意識するようにしていましたが、最近、大きなプロジェクトの着手に取り掛かったので、より一層、「全体品質を意識しなければ!」と思うようになりました。
また、「誰がどの作業を行っているなど」作業全体の把握を心掛けるようにしています。
Q. 休日の過ごし方は?
買い物へ行ったり、映画に行ったり、本屋へ立ち寄ったり...。割と一人でぶらぶらしていることが多いです。
クリエイティブなことが好きな人が多いので月曜は休日に見た映画や書籍の話をしたりしますね。
Q. 好きな社内イベントは何ですか?
忘年会や納会ですね。
1年の締めくくりに皆が思いッきりはしゃぐので、参加していてテンションがあがります。
豪華景品が当たるのも大きな魅力です。(笑)
Q. 今後の目標をお聞かせください。
入社当初から掲げている目標で、社内で「この仕事を任せるならこの人!」というような第一人者的立場に立てるようになりたいです。
あとは人材育成に力を入れていこうと考えています。
私自身、入社して数年しかたっていませんが、どんどんと入ってくる新人たちに持っているものを余すことなく知識を伝えていきたいです。
Q. アクセスゲームズを志望する人に一言!
有名な作品に携われるのが大きな魅力ではないでしょうか。
版権物だと自身のアイデアなどは提案できないと思われがちですが、版権を利用した別の体験ができる製品を制作していく仕事なので、どんどんと提案することが重要です。
「様々なことに挑戦したい!」「有名な作品に関わってみたい!」という方!
アクセスゲームズへの応募をお待ちしています!