スタッフの声

Q. どんな仕事をしているんですか?
パチンコ、パチスロに関する映像データのオーサリングを担当しております。
デザインの意図をプログラマーへわかりやすく伝え、プログラマーからの制御的な要望をデザインに反映するなど、職種間の架け橋となる仕事です。
Q. この仕事の道に進んだ理由を教えてください。
元々ゲームセンターやテーマパークのような賑やかな場所が好きで、パチンコ、パチスロのホールによく通っていました。
学生時代に旅行でラスベガスのカジノに行ったとき、そのエンターテインメント性にパチンコ、パチスロの表現と共通したものを感じ、作り手としてこの業界に進むことを決めました。
Q. どうしてアクセスゲームズを選んだのですか?
ゲーム会社でありながら遊技機の開発を行っており、ゲーム的な表現を遊技機に取り入れることで、 新しい表現が生まれ、この業界をまだまだ進化させられると感じ、アクセスゲームズを選びました。
Q. 今の開発部について、どのように感じますか?
とても開放的で自分の意見が言いやすい自由な雰囲気を持った場です。
休憩時間に好きなゲームや映画、遊技機台の話しで盛り上がったり、仕事の合間に先輩が最新の機種情報を教えてくれたりと、とても恵まれた環境だと言えます。
Q. やりがいを感じるのはどんな時?
問題に対して適切な対処ができた時の達成感!!これに尽きます。
オーサリングの仕事はデバックに似た部分もあり、問題解決も仕事の内です。
問題が無いことがなによりですが、発生してしまった問題をどう対処するかが重要になります。
困難な問題であればあるほど、対処したときの達成感は密なものになります。
Q. 仕事で嬉しかったことは?
実際に自分の作ったものが世に出た時は素直に嬉しいです。
クライアントとの仕事の中で、自分の作った成果物が採用されたり、プロジェクトの終了後にクライアントから「次回もよろしくお願いします。」と言われたときは非常に嬉しかったです。
Q. 仕事でこだわっている部分は何ですか?
プランナーの意図をくみ取るために企画書や仕様書の見方を勉強したり、プログラマーにわかりやすく伝えるため、制御のしくみを理解することで、より精度の高い成果物を作ることを意識しております。
職種に縛られず、互いの情報共有を行い作業の効率化を考えることも大事な役割の一つです。
Q. 休日の過ごし方は?
スポーツ、料理、映画鑑賞、ゲームなど、その時々での自分のブームに没頭しています。
何でも自分でやってみないと気が済まない性格なので、興味をもったらとことんやり込むことが多いです。
そのため家の倉庫には物が山のように・・・(笑
そんな中から自分の本当に好きなことがわかると、それが確かな趣味になったりします。
Q. 好きな社内イベントは何ですか?
その年の終末に行われる納会が大好きです。なぜなら美味しい料理がたらふく食べられるから!
ビンゴゲームで盛り上がり、驚くようなビックな景品もあって誰もが素直に楽しめる日です。
そんな中で今年の出来事を振り返り、来年に向けて自分をリフレッシュすることができます。
Q. 今後の目標をお聞かせください。
昨今、ゲームや映画、テーマパークなどにおいて表現のクオリティが高く求められています。
それは遊技機の業界でも同様に求められており、クライアントからの依頼を見ても高い技術を要求されています。
だからこそ常に勉強を欠かさず、情報欲をもってストイックな自分に成長することを心がけています。
Q. アクセスゲームズを志望する人に一言!
新しいものに興味津々!好奇心旺盛で何事にもストイックな人は是非アクセスゲームズへ
「好きだ」と思う気持ちは嘘ではないはず、共に頑張りましょう!