レポート

2014.03.07 BitSummit MMXIV

皆さん、こんにちは。

先日行われましたインディーゲームをテーマとしたゲームサミット『BitSummit MMXIV』に
アクセスゲームズから出展させて頂きましたので、レポートをお送りします!

今年は3月7日(金)~9日(日)の3日間開催され、7日がビジネスデイ、土日の8日~9日が
一般公開デイになりました。

昨年のBitSummit MMXIIIから出展者が増え、会場も平安神宮の近くに位置する京都みやこメッセという大きな場所になりました。
(ちなみに、MMXIIIとMMXIVはローマ数字の「2013」と「2014」という意味です。)

BitSummitのウェブサイトは こちら

アクセスゲームズからは3人のスタッフが参加。
わくわくしながら準備をして、大阪から出発しました!

少し肌寒いけれども天気の良い、金曜日の朝。みやこメッセに到着!

初日はビジネスデイでしたので業界の関係者とメディアの方々にお会いすることができました。

また、一般公開の日はいったいどのくらいのお客様が来てくれるのか予想もつきませんでしたが、 土曜日の朝にはなんと開場前に行列ができていて感動しました!

会場の様子など AG公式Twitterでアップしていますので、ぜひご覧くださいませ。


会場は少し暗めでクール。広くてとても賑やかな印象でした。


アクセスゲームズのブースでは現在開発中である『D4: Dark Dreams Don't Die』のトレイラーを上映したり、 お立ち寄り頂いた方々に今回のために用意したD4ポストカードをプレゼントしました。
数に限りがありましたが、皆さん、ポストカードはゲットできましたでしょうか?

 



ポストカードをたくさん机に並べました。 ラップトップに昨年のBitSummit MMXIIIのステッカーが貼られていますね(笑)。



イベントには京都のまゆまろというキャラクターも参加していました。
何度も写真を撮られていて大人気の様子。
ステージでも、代表者やゲストと一緒に顔を並べました。

すでに発売されたゲームだけではなく開発中のデモをプレイできるブースもあり、
この3日間はビジネスデイに集まった関係者も一般公開の日のお客様もゲームプレイを楽しむことができました。
世界中から集まったデベロッパーのゲームスタイルは様々で、とても興味深かったです。

ハードはPCやタブレット、スマートフォンからコンソールの各機種はもちろん、
バーチャルリアリティのOculus Riftを使うゲームもいくつか見られました。
これは今までのフラットなモニターとは違った特別なゲーム体験ができますね。

VR酔いを起こした人もいました・・・。

中央の広いステージではゲームに関する色々な公演が連日行われ、夜はそこがDJブースとなっていました。


昼はゲームに関する知識を得て、夜はテンションを上げる!

最終日である日曜日にはD4ポストカートはすべて配り終えました。
また印刷するチャンスがあるかも。

BitSummitのスタッフ、出展者、ゲストの皆様、お疲れ様でした!

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
とても楽しかったです。絶対来年も出展するぞ!

それではBitSummit MMXIVのレポートは以上で終了させていただきます。
今後のレポートにもご期待ください!